警報設備の特徴

泡消火設備について
感知器を用いて、火災により発生する熱や煙を自動的に検知します。
受信機、音響装置(ベル)を鳴動させて建物内に報知することにより、避難と初期消火活動を促す設備です。 

警報設備の種類と特徴

自動火災報知設備 ガス漏れ火災警報設備 漏電火災警報器

自動火災報知設備

火災により発生する熱・煙または炎を火災発生の初期段階で感知器が感知し、火災の発生区域を受信機に表示するとともに警報を発して建物内の人々に知らせる設備です。

ガス漏れ火災警報設備

燃料用ガスが配管の劣化等により漏洩した場合、可燃ガスをいち早く検知し、受信機に表示するとともに警報を発して建物内の人々に知らせる設備です。

漏電火災警報器

木造建築に多く見られるラス(鉄網)・モルタル塗りで、電気の漏洩(漏電)による地絡電流による加熱出火を未然に防止するため、漏洩電流を感知して警報を発する設備です。
非常ベル 火災報知設備 携帯用拡声器

非常警報設備(非常ベル・放送設備)

自動火災報知設備の作動に連動または放送設備の操作部を人が操作することで建物内に設置されたスピーカを通じて、災害の発生およびその状況等を人々に知らせる設備です。

消防機関へ通報する火災報知設備

火災が発生した場合、専用通報装置を操作することにより電話回線を使用して消防機関へ通報することができる装置です。

非常警報器具(警鐘・携帯用拡声器等)

火災が発生した場合、建物内の人々に拡声音や警報音等により知らせるための警鐘や拡声器、手動式サイレン等の器具です。
住宅用火災警報器    

住宅用火災警報器

住宅における火災の発生を早期に感知し、警報音や音声で住宅内にいる人々に知らせる設備です。 火災を感知した警報器だけが警報音・音声を出すタイプと、火災時にすべての警報器が鳴る連動型もあります。
   

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)