泡消火設備の特徴

泡消火設備について 泡ヘッド、泡ノズルなどから空気泡を放射し、燃焼表面を泡で被覆することによる窒息作用と、泡に含まれる水分による冷却作用により火災を消火する設備です。
水と消火薬剤を比例配合した水溶液を泡放出口より空気を含むエアーフォームとして散布し、焼却面を覆い空気を遮断するとともに、冷却効果で消火を行います。
設備は、水源・加圧送水装置・原液槽・混合器・発砲器・制御盤・配管・配線などによって構成されます。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)