水噴射消火設備の特徴

水噴霧消火設備
スプリンクラー設備と同様に水を散水する消火設備で、噴霧ヘッドから水を噴霧状に放射して火点一帯を包みます。
スプリンクラー設備と比べて散水される水の粒が細かく、蒸発の際に熱を奪う冷却効果と、燃焼面を蒸気で覆うことによって酸素を遮断する窒息効果があります。

水噴霧消火設備の主な設置場所

トンネル 駐車場 指定可燃物
トンネル 駐車場 その他指定可燃物を貯蔵する場所

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)