消火器について

ひとくちに火災といっても種類は様々あります。
木材や紙が燃えて火災になった場合。台所で天ぷらをしてて油が発火して火災になった場合。
コンセントに塵が積もり発火して火災になった場合など、火災の種類によって消火器の用途は分かれています。

消火器の役割と種類

粉末消火器
粉末消火剤は、薬剤の窒息効果と抑制効果によって消火します。
消火物の窒息効果・抑制効果を目的としていて、軽くて持ち運びしやすいのが特徴です。
消火器使用後は室内に粉が充満するため、見通しが悪くなります。
強化液(中性)消火器
強化液消火剤は、炭酸ナトリウム水溶液で冷却と抑制効果によって消火します。
霧状放射にすることで、炭酸ナトリウムの抑制効果が働くため、普通火災(A火災)だけでなく油火災(B火災)にも適応できます。
泡消火器
泡消火剤は、燃焼物を覆うことによって生じる窒息効果によって消火します。
電気火災(C火災)には、泡に電気が伝わって感電する危険性があるため使用できません。
二酸化炭素消火器
二酸化炭素消火器は、酸素濃度を低下させ窒息効果によって消火します。
電気の不良導体なので、電気火災(C火災)にも適応できます。
人が多量に吸い込むと窒息する危険性があります。
ハロゲン化物消火器
ハロゲン消火器は、酸素濃度を低下させ窒息効果によって消火します。
電気の不良導体なので、電気火災(C火災)にも適応できます。
環境や人体に影響を及ぼすことから現在は製造されていません。

適応火災表示マークについて

消火器の銘板には、適応火災を示すマークがアイコンでわかりやすく表示されています。
《A》普通火災
 新建材、木材、紙、繊維など、固体の燃えやすい物の火災に有効。 
《B》油火災
ガソリン、シンナーなどの液体性のもの、グリスなど半固体の油脂類の火災に有効
《C》電気火災
電気器具、機械類など、感電の恐れのある電気施設を含む火災に有効。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)