報告を行う義務のある建物

下記の用途に使われている部分のある防火対象物では、条件に応じて防火対象物全体で点検報告が義務となります。
建物(防火対象物) 報告期間
1 劇場・映画館・演芸場・観覧場 1年に1回:特定
公会堂・集会場
2 キャバレー・カフェ・ナイトクラブ・その他これらに類するもの
遊技場・ダンスホール
性風俗関連特殊営業を営む店舗
3 待合・料理店・その他これらに類するもの
飲食店
4   百貨店・マーケット・その他物品販売業を営む店舗又は展示場
5 旅館・ホテル・宿泊所・その他これらに類するもの
寄宿舎・下宿・共同住宅 3年に1回:非特定
6 病院・診療所・助産所 1年に1回:特定
老人福祉施設・有料老人ホーム・更生施設・児童福祉施設等
幼稚園・盲学校・聾学校・養護学校
7   小学校・中学校・高等学校・大学・その他これらに類するもの 3年に1回:非特定
8   図書館・博物館・美術館・その他これらに類するもの 1年に1回・特定
9 公衆浴場のうち、蒸気浴場・熱気浴場・その他これらに類するもの 1年に1回:特定
イに掲げる公衆浴場以外の公衆浴場 3年に1回:非特定
10   車両の停車場又は船舶若しくは航空機の発着場 3年に1回:非特定
11   神社・寺院・教会・その他これらに類するもの
12 工場・作業場
映画スタジオ・テレビスタジオ
13 自動車車庫・駐車場
飛行機・回転翼飛行機の格納庫
14   倉庫
15   前各項に該当しない事業場
16 特定防火対象物の存在する複合用途防火対象物 1年に1回:特定
項に掲げる以外の複合用途防火対象物 3年に1回:非特定
16-2   地下街 1年に1度:特定
  準地下街
17   重要文化財等 3年に1回:非特定
18   延長50メートル以上のアーケード
各種法定点検お問い合わせはこちら

消防設備点検・防災管理点検・防火対象物点検などの各種法定点検は、
55年の歴史を持つ浦野工業にお任せください。