消防設備点検とは

消防設備とは消火器や火災報知機をはじめ、消火栓・誘導灯・避難はしご等のことを指しています。
これらの消防設備は滅多に使用するものではないため、定期的に点検をしイザという時にしっかり作動するよう、維持管理する事が消防法で義務付けられています。
 
ただし、全ての消防設備に点検が必要なわけではありません。
一般家庭等で使用されている消防設備には点検は必要ありません。

例外はありますが、主に対象は150平米以上の建物です。
対象となる建物は、6ヶ月に1回以上『機器点検』を実施し、1年に1回以上『総合点検』をした後、消防署へ消防設備点検報告書を届出る事が消防法で義務付けられています。

消防設備資格の種類

消防設備の点検を行う場合は有資格者に点検をさせなければなりません。
また、同じ消防設備士でも種類によって、工事・整備・点検を行える権限が変わります。

甲種消防設備士が行うことのできる工事・整備・点検

第1種 水系消火設備(屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・水噴霧消火設備など)
第2種 泡消火設備
第3種
  • 二酸化炭素消火設備
  • ハロゲン化物消火設備
  • 粉末消火設備
第4種
  • 自動火災報知設備
  • ガス漏れ火災警報設備
  • 消防機関へ通報する火災報知設備
第5種
  • 金属製避難はしご
  • 救助袋
  • 緩降機

乙種消防設備士が行うことのできる整備・点検

第1種
  • 屋内消火栓設備
  • スプリンクラー設備
  • 水噴霧消火設備
  • 屋外消火設備
第2種 泡消火設備
第3種
  • 二酸化炭素消火設備
  • ハロゲン化物消火設備
  • 粉末消火設備
第4種
  • 自動火災報知設備
  • ガス漏れ火災警報設備
  • 消防機関へ通報する火災報知設備
第5種
  • 金属製避難はしご
  • 救助袋
  • 緩降機
第6種 消火器
第7種 漏電火災警報器

消防設備点検資格者が行うことのできる点検

第1種
  • 屋内消火栓設備
  • スプリンクラー設備
  • 水噴霧消火設備
  • 屋外消火設備
  • 泡消火設備
  • 二酸化炭素消火設備
  • ハロゲン化物消火設備
  • 粉末消火設備
第2種
  • 自動火災報知設備
  • ガス漏れ火災警報設備
  • 消防機関へ通報する火災報知設備
  • 金属製避難はしご
  • 救助袋
  • 緩降機

消防設備点検Q&A

消防設備点検のお見積りをお願いしたいのですが、どのような資料をそろえればいいですか?

以下1~3のいずれかの写しをご用意ください。

  • 1.過去の点検報告書(総合点検時のもの)
  • 2.消防用設備等の設置届
  • 3.全ての設備が記入されている図面
  • その他、建物の規模、設備の種類と個数がわかるものをございましたらそちらでも結構です。

各種法定点検お問い合わせはこちら

消防設備点検・防災管理点検・防火対象物点検などの各種法定点検は、
55年の歴史を持つ浦野工業にお任せください。